Beautiful

[VERONICA, spoken]
1989年9月1日。
私の日記。
私は善人の方だと思ってる。だって誰にでも長所はあるでしょ――でも……あぁ! 今日は高校生活最後の一年の初日! 周りのお子ちゃま達を見てると実に安心するけど、自問自答せずにはいられないわね――どうしてこうなった?
September 1st, 1989
Dear Diary:
I believe I'm a good person. You know, I think that there's good in everyone, but—here we are! First day of senior year! And uh... I look around at these kids that I've known all my life and I ask myself—what happened?
…… Read More

Candy Store

[H. CHANDLER, spoken]
何か問題でもある?
私に何か文句でも?
今までよくやってきたじゃない
どうしてここで足を引っ張るのよ?
いつもならあんたの頬をここで
皆に見えるようにひっぱたいてあげるところだけど
でも今日は気分がいいから
ちょっとアドバイスしてあげる
よく聞いてな、ビッチ!
Are we gonna have a problem?
You got a bone to pick?
You’ve come so far
Why now are you pulling on my dick?
I’d normally slap your face off
And everyone here could watch
But I’m feeling nice
Here’s some advice
Listen up, biotch!
…… Read More

Freeze Your Brain

[J.D.]
俺は10の高校に通ってきた
だんだんぼやけてきたんだよな
別に根を張る意味もない
だってすぐにいなくなるから
親父はねぐらに2つのスーツケースを開けもしないまま
遅かれ早かれ発っちまうんだ
だから名前も覚えないし
人の顔なんかも気にしない
俺が信じられるのはこのコンクリートのオアシスだけ
絶望しそうなときはいつだって
すぐそこにセブンイレブンがある
何処の店も同じなんだ
ラスベガスからボストンまで
愛しのリノリウムの床で
夢中になろう
我がスラッシーの祭壇に祈りを捧げる
そう、甘い氷菓子の恍惚に俺は生きてるんだ
I've been through ten high schools
They start to get blurry
No point planting roots
'Cause you're gone in a hurry
My dad keeps two suitcases packed in the den
So it's only a matter of when
I don't learn the names
Don't bother with faces
All I can trust is this concrete oasis
Seems ev’ry time I'm about to despair
There's a 7-11 right there
Each store is the same
From Las Vegas to Boston
Linoleum aisles that I love
To get lost in
I pray at my altar of slush;
Yeah I live for that sweet frozen rush...
…… Read More

Dead Girl Walking

[VERONICA]
高校を牛耳る悪の女王は言った
月曜の朝8時に私は消されるだろうって
きっと自習室で捕まえられて
剥製にされて壁に飾られるんだ
残された時間は30時間――
どうやって過ごせばいい?
The demon queen of high school has decreed it:
She says Monday, 8 a.m., I will be deleted
They'll hunt me down in study hall
Stuff and mount me on the wall
Thirty hours to live—
How shall I spend them?
…… Read More

Our Love is God

[J.D.]
奴らは君を泣かせた
でもそれも今日で終わり
君だけがこの壊れた世界で
ただ一人の正しい存在だ
泣けばいい
でも朝が来たなら
俺達で全てを燃やして
そして世界を再び作り上げるんだ
この愛は神に誓って絶対だ
They made you cry
But that will end tonight
You are the only thing that's right
About this broken world
Go on and cry
But when the morning comes
We'll burn it down and then
We'll build the world again...
Our love is God
…… Read More

Seventeen

[VERONICA]
分かったわよ!
私達は「傷ついてる」
本当に「傷ついてる」
でもそれで「賢く」なれるわけじゃない
私達は「特別」でも「異質」でもない
人の生死を決められもしない
普通にしましょう、悪い映画でも見て
こっそりビールを飲んでテレビを見て
ブラウニーを焼いてボーリングに行こう
私と一緒に人生を歩んではくれない?
ただの17歳にならない?
私が望むのはただそれだけ
そうしてくれるなら
仲直りできる
人々は私達を傷つける
Fine!
We’re “damaged”
Really “damaged”
But that does not make us “wise”
We’re not “special”, we’re not “different”
We don’t choose who lives or dies
Let’s be normal, see bad movies
Sneak a beer and watch TV
We’ll bake brownies or go bowling
Don’t you want a life with me?
Can’t we be seventeen?
That’s all I want to do
If you could let me in
I could be good with you
People hurt us
…… Read More

Shine a Light

[MS. FLEMING]
皆の心の奥深くに
熱く燃える恥の塊がある
罪悪感、後悔、不安
名付けることもできない不安
でも、もしその隠していた醜いところを
外に開くことが出来たのなら
きっと素晴らしいものだって事がわかる
明るい陽の光に照らされて!
Deep inside of everyone
There's a hot ball of shame
Guilt, regret, anxiety
Fears we dare not name
But, if we show the ugly parts
That we hide away
They turn out to be beautiful
By the light of day!
…… Read More

Lifeboat

[HEATHER MCNAMARA]
私はボートに乗って浮かんでる
荒れ狂う暗い海の真ん中で
水平線ギリギリで
どこにもいけない
小さな救命艇の中
知り合いばかりに囲まれて
I float in a boat
In a raging black ocean
Low in the water
And nowhere to go
The tiniest lifeboat
With people I know
…… Read More

Kindergarten Boyfriend

[MARTHA]
幼稚園の時に出会った男の子がいた
彼は優しくて、私のことを賢いって言ってくれた
スポーツが上手くて皆の人気者
昼寝の時間で一度は同じマットで寝たりもした
私は眠らずに座って彼が息するのを見てた
彼を見ながらずっと夢見てたの
There was a boy I met in kindergarten
He was sweet, he said that I was smart
He was good at sports and people liked him
And at nap time once we shared a mat
I didn't sleep I sat and watched him breathing
Watched him dream for nearly half an hour
Ooh ooh ooh ooh ooh ooh ooh ooh ooh
…… Read More