The Countess and The Common Man

[VLAD]
初めて君を宮廷で見た日から
君と身分が違いすぎることは分かっていた
Ever since that first day I saw you at court,
I knew I was beneath you.

[LILY]
その通りね、あなた。確かにそうだったわ
You were right, darling. You were.

[VLAD]
部屋を横切る君はまるで
世にも美しい薔薇だった
小さなティアラに
そのツンと尖った小さな鼻
私はそんな君と臆面もなくいちゃついて
I noticed you across a room—
The most exquisite rose
The tiniest tiara and
That haughty little nose
I flirted with you shamelessly

[LILY]
スキャンダルになるのも当然
伯爵夫人と
Or so the scandal goes...
The Countess

[VLAD]
ただの男では
ペテルゴフへとこっそり
逢引をしたこともあった
And the common man
We tiptoed off to Peterhof
To have a royal fling

[LILY]
私の亭主は忘れっぽかったから
伯爵は知る由もなかったでしょうね!
My husband was oblivious
Counts never know a thing!

[VLAD]
何もかもが完璧だった
And all of it was perfect...

[LILY]
あなたが私のダイヤの指輪を盗むまではね!
'Til you stole my diamond ring!

[VLAD & LILY]
伯爵夫人と
ただの男
The Countess
And the common man

[VLAD]
寝具にはコロンを
焼き菓子とワインも添えて
Cologne in the bedclothes
The pastry and wine

[LILY]
テーブルの下では
あなたの足が私に触れて
And under the table
Your foot touching mine

[VLAD & LILY]
「私達だけの合図」を送り合う時には
どんなに心が高鳴ったことか!
And how my heart beat
When you sent me "our sign"

[LILY]
愛してた……
I loved you...

[VLAD]
愛されて……
あぁ、なんとその
You loved me
And oh, it was simply

[VLAD & LILY]
素晴らしきこと……
Divine...

[VLAD]
私の可愛い薔薇を
誰が知っていただろうか
また元の通りに出来るだなんて
Who would have known
My little rose
We're back where we began

[LILY]
でもどうせまたあなたは
姑息な手をしかけてくるんでしょう?
その手は通用しないわよ
And I suppose
That you'll propose
Another sneaky plan!
Which I'll resist...

[VLAD]
君がキスしてくれるまでね
Until you're kissed

[VLAD & LILY]
私達に勝るものは何もない
For nothing's better than...

[LILY]
伯爵夫人と
The countess

[VLAD]
ただの男
And the common man...

[VLAD & LILY]
伯爵夫人と
ただの男
The countess
And the common man

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。